B3向けページ

ようこそ高田研究室B3向けページへ!

高田研究室B3向けホームページへお越しいただきありがとうございます!

説明会情報

  1. 10月27日(水)18:15~ (オンライン)

  2. 11月4日(木)18:15~(オンライン)

接続情報は ilab のカレンダから取得してください.(keio.jpの認証あり)

また,上記以外の時間で高田先生と話したい場合は,直接高田先生に連絡してください.(michigan AT ics.keio.ac.jp)

研究概要

高田研究室では,「ソフトウェア工学」をメインの研究テーマとしています. ソフトウェア工学とは,非常に簡単に言うと,「よい品質のソフトウェアを効率よく開発するための学問」です.詳細は研究の紹介のページを見てください.

研究室生活

■研究室の日常

  • 研究室
    2020年度と2021年度はCoVID-2019の影響を非常に受け,研究室内での活動はほぼゼロです.学生は主に自宅からリモートで研究活動をしています.
    研究室の中には,プリンタや書籍,さらには大型モニタまでいろいろ揃っています.共用パソコンとして,Mac,WindowsLinuxのパソコンあります.願わくば2022年度はコロナ前の状態に戻って,教授やメンバーが研究室で相談したり談笑したりできる状態になればよいと思っています.

  • ミーティング
    週に1回進捗報告を行います.教授や研究室のメンバーと,研究内容や課題,問題点などを共有します.
    コロナ前は,ミーティングがある日のお昼はいつも研究室のメンバー全員(先生や留学生も含む)でお昼を食べているので自然と仲良くなっていました!(英語もできるようになるかも?!?)

  • スポーツ
    コロナが終息するまではできませんが,グラウンドがすぐ近くなので,野球やサッカーなどをしてリフレッシュできます.

■年間スケジュール

  • [12月末あたり] 忘年会(2021年度中止)
    研究室配属になってから最初の行事です.これから一緒に過ごす仲間と仲良くなりましょう.

  • [1月31日] 卒論発表
    B3のみなさんは先輩の発表を見学することになります.自分のしたい研究の参考に,また1年後のイメージをつかむためにも参加してください.

  • [2月-3月] 新人研修
    高田研究室の研究内容の基本的なところを先輩が教えます.大まかな自分の研究の方向性をここで決めることが目標です.なお,日程はみなさんの予定を加味して決めます.

  • [4月-7月]
    ここから研究が本格化します.卒論テーマを決めるために,研究の方向性を絞り込んでいきます.学期末にある輪講発表に向けて,自分の研究したいテーマに近い内容の論文を探して読みます.
    ソフトボール大会もありますが,2022年度はどうなるかなぁ???

  • [7月末または8月頭] 情報工学輪講 (情報工学科必修)
    通称「輪講発表」で,春学期に読んできた(英語の)論文の中から1つを選び,内容を整理して他の教員の前で発表します.春学期の山場です.

  • [8月または9月] 合宿 (2022年度はどうなるかなぁ???)
    2泊3日の合宿を行います.研究の進捗発表をここで行います.合宿の行き先は例年B4のイベント係が決定しています.

  • [8月-12月]
    卒論を詰めていきます.
    フットサル大会もあります.(2022年度はどうなるかなぁ???)

  • [12月末あたり] 忘年会
    願わくば実施したい.

  • [1月末あたり] 卒論発表
    みなさんの卒業研究の成果を発表しましょう!

高田研現役メンバーからのメッセージ

村瀬 渓太 (M1)

主にAndroidアプリのテストについて研究しています.高田研究室が扱っているソフトウェア工学は幅が広く,自分に合った研究分野を見つけられると思います.趣味は競技プログラミングやゲーム(スマブラなど)です.趣味の合う人はぜひ話しましょう.

佐野 慎弥 (B4)

応援指導部に所属しています。忙しい期間があっても柔軟に自分のスケジュール管理ができるので、英語とか部活とか研究以外の他の事も頑張りたい人におすすめの研究室です!高田先生のサポートも手厚く、共同研究にも積極的に参加させて頂けます!

川面慶季 (B4)

ボウリングが趣味です。ぜひ一緒に行きましょう!

高田研究室では研究ソフトウェア工学を幅広く対象としており、様々なテーマの研究を知ることができます!

その中で私は研究したい分野を見つけることができました。

馬渕 裕 (B4)

初めまして!
高田先生と同じでミシガンに住んでました!
普段はミツモアという会社でWebエンジニアとしてインターンをしてます研究内容もWebに関する内容でJavaScriptを使ってやっていますコロナ前はよく旅行に行ってました。最近はNFLとNBAをみるのにハマってます!

武元 憲将 (M1)

ソフトウェアテストやコードクローン検出に関しての研究を行なっています.趣味はテニス,ゲーム,映画鑑賞,競技プログラミングです.プログラミングやソフトウェアの開発に少しでも興味がれば,高田研究室で自分に合った研究テーマを見つけられると思います!!

Zhang Yejian (M2)

Hiii, I’m Zhang Yejian, you can call me Patrick. I’m a M2 student entered our lab in 2020Fall.

I love traveling, playing computer games, Traditional Chinese Painting, Basketball, and history. If you got the same hobbies, don’t hesitate to contact me, maybe we can do these things together after you entered our Lab!

My research is about game reviews classification, if you interested in that, more than glad to discuss the details with you.

Anyway, looking forward to meet you in our lab, and if you have any difficulties, don’t hesitate to ask me for some help, I’ll see what I can do.

Patrick out^_^

Francesco Leone (M2)

Hello! I am a double degree student from Italy.

My research at Takada's Lab is focused on code clone detection. It consists in finding syntactic and semantic duplicate code within a software that could be harmful.

Do not copy during your coding assignments, since with clone detection techniques you can get caught!

謝 佳智 (M2)

修士2年生の謝です.地方出身で大学進学と共に上京し,日吉に住んで6年目になります.研究では,ソフトウェアの障害原因を特定することをテーマに活動しています.よろしくお願いします.

王 榕 (B4)

中国出身の留学生です。AndroidアプリのUIテストについて研究しています。パーティゲームと猫が好きです。

よろしくお願いします。



FAQ

Q:研究室を見学したいのですが…

A:大歓迎です! ただし,コロナの関係で高田先生に事前にアポを取ってください.高田先生だとハードルが高すぎの場合,forB3 AT doi.ics.keio.ac.jpあてにメールしてください.


Q:高田先生と直接話したいのですが…

A:大歓迎です! 高田先生にアポを取ってください.(michigan AT ics.keio.ac.jp)


Q:高田研の雰囲気ってどんな感じですか?

A:本当に色々な人がいて,多様な価値観を受け入れる雰囲気です!間違いなく言える事は,穏やかなので研究室内が殺伐としている事はありません!


Q:プログラミングに自信がないのですが…

A:研究によってプログラミングの分量は変わってきます. 分からない場合,先輩や先生が優しく教えてくれるので安心してください!


Q:使用する言語はJavaですか?

A:高田先生がプログラミング第2の担当だからといってJavaしか使えないわけではありません. 研究内容に応じて様々な言語を用いています.現在は、Java以外にPythonやJavaScriptなどを使っています.


Q:パソコンは支給されますか?

A:基本的には1人1台ラップトップが貸与されます.学生の希望によって,Windows, Mac, Linuxいずれでも問題ありません.


Q:アルバイトやサークル活動はできますか?

A:研究の支障にならない範囲であれば問題ありません!


Q:飲み会はありますか?

A:コロナのため,2020年4月以降は実施していません.(当たり前か?)平常に戻ったときには,歓迎会や送別会などの節目で行うでしょう.ちなみに,各自好きなペースで飲むことができる雰囲気ですので,お酒が苦手な人も安心してください.(高田先生はほとんど酒が飲めません.)


Q:研究テーマはどのように決めますか?

A:自分で興味のある分野を見つけて,研究テーマを考えます.毎週あるミーティングで知識が増えていく上に,高田先生のバックアップが手厚いので,自分から進んで研究できるならば心配の必要はありません! また,共同研究に参加すると,さらにいろいろな方からアドバイスがもらえ,さらにレベルアップできます.内容については,ソフトウェア工学からよほど離れていなければ大丈夫です.


Q:共同研究はどういうところとしていますか?

A:2021年度は,南山大学,(株)Sider,産業技術総合研究所と共同研究を行っています.


Q:週何回くらい研究室に来ますか?

A:コロナ前は基本的に週5日でした.現在は,ほとんど自宅からリモートで研究しています.研究室に来たい場合,そのときの理工学部の指針次第ですが,基本的に自由に来れます.来る場合は,いくつか感染対策に関わるルールがありますが,これは理工学部のルールに準拠しています.